スマホで便利に使える理由と、導入事例の確認をしよう

アプリdeビジネス

HOME > 機能を確認して使い方把握

機能を確認して使い方把握

使うデバイスを考慮して選ぶとより便利

多くのチャットアプリはパソコンの画面で見るようにできています。最近はモバイル端末のバリエーションも増えてきており、特にスマホの所有台数は増加の一途を辿っています。アルバイトでも社員でも見やすいので、スマホにUIが対応しているツールが人気です。

どのブラウザに対応しているか確認する

選ぶときに大切なのが、どんな端末でもチェックすることができるのかどうかという点です。各種ブラウザに対応しているならより多くの人が使用可能です。また、スマホの種類もどちらにも対応していることが大事です。

カスタマイズ機能の使い方も勉強しよう

同じ業種でも組織図や構成する社員も異なりますし、フローが異なることがあります。この場合に備えて、チャットアプリではカスタマイズもできます。どのようなカスタマイズができるか確認しておきましょう。

外部の人ともやり取りできるので便利

スマホのチャットアプリは社内だけで使えるものもありますが、外部の取引先ともやり取りできます。パスワードやアクセス制限を設け、不要な情報にアクセスできないような機能を備えている会社のものを選びましょう。

男女

チャットツール選びのフローを考えよう

公開されている活用事例をチェックする

スマホのチャットアプリにはセキュリティ面もしっかりしているところを選びたいので、導入事例をチェックした方が良いです。多くの企業が使っているものを選ぶと良いでしょう。

導入事例をチェックすれば、機能をどのように使っているかだけでなく、コンプライアンス対策の方法も学ぶことができます。

料金をチェックしてクラウド版も考える

パッケージ版とクラウド版では、料金も違うのでその内容をチェックしておきましょう。できれば複数社を比べてみて、自社の使い方に合ったものを選ぶのがベストです。

選ぶ際には安さだけでなく、サポートをしっかり行なってくれるのか、機能についても比較することが大事で、その比較をすればスムーズに使えます。

実施しているセミナーを受けて使い始める

スマホで使うことができるチャットアプリはユーザーインターフェースが使いやすくできているので、難しい操作は必要ありません。しかし、設定やカスタマイズが難しいこともあります。

スムーズな使い方を実現するためには、チャットアプリの会社が実施しているセミナーを受けると新しい使い方も学べるので便利です。

導入後は定期的にサポートをしてもらう

導入後はパッケージ版もクラウド版もともにメンテナンスやサポートが行なわれるので、それを活用する事が大事です。

例えば技術的なサポートを申し込むことができます。動作環境を変えたい、機能や操作を教えてほしいなど、セミナーでは学ぶことができなかった部分まで丁寧に教えてもらうことができるのです。

メールの特性とチャットの利点を検証

メールの特性とチャットの利点を検証

携帯電話が一般的に使われるようになると、いつでもどこでも通話ができるようになりました。しかし、この発展は「通話」の面で広がることは少なく、むしろ「テキスト」の方で発達を遂げることになったのです。

その結果最初はメールでのやり取りが多くなり、その次にチャット形式に進化しました。チャット形式だと交互のやり取りが一つのタイムライン場で行なわれるようになり、会話の履歴が分かりやすいのです。もちろん、メールでもツリー形式に表示することはできるのですが、チャットの方がより一つ一つの会話が短いので参照しやすいという利点があります。ビジネス面でもこの利便性は注目されるようになっています。

チャットがビジネスの上で便利な理由としては、一つのタイムラインの中で行なわれるので、誤送信が少ないこと、複数人で会話ができることが挙げられます。また、メールも良いところがあります。長文ならメールが最適ですし、メッセージを他のクライアントにも移動させやすい点です。それぞれ利点を把握し、ビジネスで便利に使っていきましょう。

活用事例で参考にすべき口コミはこれだ!

メールにあった非効率さが解消された

代理店とのやり取りで、よくメールで質問がきてそれに対応するのが大変でした。チャットだとリアルタイムですし、逐一挨拶をする必要もないので便利です。履歴が残って参照や検索ができるのもとっても便利ですね。

写真もやり取りできるのでやり取りが簡単

スマホのチャットアプリなので、写真を撮影して送れるのが良いですね。小売店の販売場がどのようになっているかは、文章で伝わりづらいこともありますし。時間がないとき、やり取りが直接できないときに便利です。